火中取栗

 昔、一匹の猿がおなかをすかして、食べ物を探していた。その時、ちょうど人が栗を炒っている野を見つけた。栗は間もなく炒りあがるところだった。皮がはじけ、黄色い色の栗の肉が見えていて、いい香りが鼻を突いた。猿はよだれを垂らしながら、やはり栗が熱くて、やけどしそうだと思うと、手を出せなかった。
 ちょうど手をこまねいていたところ、一匹の子猫が庭で遊んでいるのを見つけた。そこで、サルは子猫に近づき、子猫を構って言った。
「へい!見てみろ、鍋の中の大きくてまん丸な栗だよ。お前、あれが取れるか?」
 負けず嫌いの子猫は自信たっぷりに言った。
「大したことないさ。見てろよ!」
 そう言うと、栗の持ち主が油断している間に、前足を鍋の中につっこみ、栗を一つ取り出した。あまりの熱さに子猫はみゃあみゃあと泣き出したが、我慢して、また一つ、また一つと取り出して地面に投げ捨てた。
 何もせずじっと見ていたサルは、その様子を見て、悠然と地面に落ちた栗を拾って、うまそうに食べたのだった。《中国故事「火中取栗」》

※本来は、ラ・フォンテーヌの寓話。中国では「火中取栗」という。日本では「火中の栗を拾う」という。

スポンサーサイト

大芝居

 バスを待っている間、椅子に座って足を投げ出し、スマホをいじっていたら、突然、女の子が僕の足に引っかかって倒れた。倒れた女の子は捻った足をさすりながら、僕を脅すように言った。
 「私を病院に連れて行ってくれなけりゃ、人を呼ぶわよ。」
 こんなことに慣れていなかったぼくは怖くなって、しかたなく、女の子をおんぶして、近くにひとつしかない診療所へ連れて行った。
 医者が言った。
 「そんなに重症じゃないけど、歩けるようになるまで、少なくとも二か月はかかるだろうね。それまで慎重にしないと、悪くすれば、一生歩けなくなるよ。」
 女の子は家の人にこのことを知られたくないと言って、僕を脅した。僕はしかたなく女の子のために部屋を借りて、しかも、身の周りの世話をすることになった。数日が過ぎて、僕たちの間に特別な感情がわいてきた。女の子は僕の彼女になった。
 二か月後、ほとんど回復した彼女を再検査のために同じ診療所へ連れて行った。あの時と同じ医者が彼女に聞いた。
 「うまくいったかい?」
 彼女は医者とハイタッチして言った。
 「うん、うまくいったわ!おじいちゃん!」

                     《開心笑吧2016-04-15‟好大的一场戏”》

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
338位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ