鹿を指して馬となす

 話は秦の始皇帝亡き後、二世皇帝の時のことだ。宦官の趙高が皇帝の地位を簒奪しようと野心を燃やしていた。だが、大臣の何人が自分を支持しているかわからない。そこで、ある作戦を思いついた。

 趙高は朝廷に参内する時、鹿を一頭連れてきて、あいそ笑いしながら、皇帝に言った。
「陛下に一頭のを献上いたします。どうぞお収めください!」
 皇帝はこれを聞いて、大笑いして立ち上がり、それから鹿を指さして言った。
「これがだって、明らかに鹿じゃないか!」

 趙高は慌てることなく言った。
「陛下、よくご覧ください。これは間違いなくでございます。信じられないとおっしゃるのなら、大臣たちにお尋ねください。」

 それを聞いた大臣たちはがやがやと騒ぎ始めたが、何人かの正直者たちの一人が言った。
「これがだなんてことはあり得ません。鹿以外の何物でもありません。」 
 しかし、肝の小さい大臣は趙高の恐ろしい視線を浴びて怖くなり、趙高に合わせて言った。
「これはよいでございます。」

 その後、趙高に「ではありません」と言った正直者たちはみな趙高によって殺害された。
スポンサーサイト

耳を覆って鐘を盗む(中国語「掩耳盗鈴」)

 昔、一人の泥棒がお金持ちの家に盗みに入った。

 庭に大きくてきれいなが吊るされていたのを見た泥棒は大いに喜んで、このを盗んで行こうと考えた。

続きを読む»

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
282位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ