スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート

 「おじさん、ぼく、ここに座ってもいい?」 

 恥ずかしそうな声が私に尋ねて来た。なんと、ベンチの傍らに、まん丸で、小さな頭が突然現れたのだ。何と愛嬌があって、可愛いことか!わたしはこんなに行儀の良い子を見たことがなかった。特に男の子では。

 「これは公園の椅子だよ。私の家の椅子じゃないんだから、誰でも座っていいんだ。君が座れないわけがないじゃないか」私は頭を子供の方に傾けて、親しげな笑顔を浮かべて言った。

 「あの、あの、おじさんはデートするの?」

 デート?五六歳のこどもがどうしてこんなことを言えるのか?私は読みかけの本を椅子の上に置いて、顔を近づけた。「君はデートってどんなものかわかってるのかい?」「えーと、えーと、待ってるんだよね。お姉さんを!」

 私は笑った。彼は間違っていない。私はこの時ガールフレンドを待っていたのだ。私は、仮山の後ろにあるこの辺鄙な場所をわざわざ探しだしたのだが、どうして、こんな小さな子供に私がデートをしようとしているとわかるのだろうか。そうだ、きっと映画やテレビに、こんな場面がたくさん出てきて、それが子供に影響を与えているのだ。だから子供がこんなに早熟なんだ。

 「じゃ、ど~ぞ、こちらに、おすわりくださ~い。」私は根っからの子ども好きだ。わざと声を長く伸ばし、からかうような調子で誘った。彼はニコニコしながら、お尻を上に引き上げ、椅子の上にずり上げた。

 「ビリッ」と音がして、ズボンが破れ、穴ができた。そこから彼の白くて柔らかい小さなお尻が見えた。この穴は新しくできた穴ではなく、針と糸で縫い合わせた所がまた敗れたのだ。ママの怠慢によるものだ。

 「おいで!おじさんの膝の上に座って!椅子の上は冷たいからね。」

 私は子供を抱き上げた。その子のおしりの冷たさが、私の腿にだんだんと伝わってきた。私の心は何故か急に跳ね上がるようになって、顔が少し熱くなった。私も父親になれるかもしれない。

 「君はここで、何をしてるの?君のうちの人は?」

 「ぼくのパパは仮山でポーカーをやってる。ぼくはここへ来て…」

 「ここへ来て何をしてたの?」

 「デ…デート」

 私は目を大きく見開いて言った。「誰とデートなの?」

 「うん…その、ママだよ」

 私はさらに驚いて言った。「君のママがここへ来るように言ったのかい?」

 「先週の日曜日、ママは言ったんだ…今日、ここで、僕に…ズボンをくれるって。」彼はズボンの穴をほじくって言った。「パパは…知らないんだ。パパは…僕をママと会わせてくれないんだ」

 「君のパパとママはいっしょじゃないの?」

 「ママは…行っちゃったんだ。僕を置いて。」彼の小さな口が震えて、目には涙が溢れでて、彼を抱いている私の手の上に落ちた。冷たい冷たい、そしてひどく湿っていた。

 私はいう言葉を失い、ただ彼を強く抱きしめて、体温で温めてあげた。

 秋風が通り過ぎ、落ち葉がひとひら舞っていた。

 (原作:育葵「約会」)
スポンサーサイト

中国の笑い話「方便」他

『本気で学ぶ中級中国語』から

1.方便(2013-08-08)

 中国語を習い始めたばかりのマイクが中国人の友達に尋ねた。

 「『方便』に行くってどういう意味?」

 「それは大便とか小便に行くことさ。」

 何日か経って、この友達がマイクに電話した。

 「マイク、君が“方便”(都合のいい時)の時、ご馳走するよ。」

 これを聞いたマイクが怒った。

 「僕はトイレなんかで、ものを食べたりしないよ。」 



2.交通事故(2013-08-01発表)

 交通事故を起こして猫を殺してしまった運転手が持ち主の主婦に懸命に謝っている。

 「奥様、本当に申し訳ありません。私の不注意であなたの猫をひき殺してしまいました。どうか、わたしに償わせてくだだい。」 

 「じゃあ、償ってちょうだい!」 

 そう言ってから、主婦は続けて言った。 

 「でも、あなた、ねずみを捕まえられるの?」



3.保険(2013-07-26発表)

 ブラウンさんが慌ただしく保険会社に入ってきて、係員に言った。

 「すみません、すぐに保険の手続きをお願いします。」

 「どうして、そんなに急ぐのですか。」

 「急がずにはいられないよ、今、家から煙が出てるんだから。」



4.デートの服(2013-07-25発表)

 サリーは大学に入って、まもなく母に手紙を出した。

 「親愛なるお母様。新しい服を買わなければならないので、すぐお金を送ってください。彼氏のヨハンとはもう6回、違う服を着てデートをしたのですが、持っている服を全部着てしまいました。来週の月曜日、また彼とデートするので、また別の服を用意しなければならないのです。」

 母親からの返信は、 

「……別の彼氏を見つけて、最初の服から始めなさい。」



5.娘の声楽(2013-07-23)

 ジェームズが友人に得意げに話している。

 「おれの娘が声楽を勉強していてね、俺をずいぶん喜ばせてくれたよ。」

 「へえ、彼女は君に素敵な歌声を聞かせてくれたのかい?」

 「君には想像もできないだろうな、娘はなんと、俺に隣の家を半額で買わせてくれたんだ。隣人はおととい引っ越したんだよ。」



6.撃ち殺された警官(2013-07-22)

 ジョージは、街頭で警察に囲まれ、揉み合ううちに、銃で警官を撃ち殺してしまった。

 警察署長は取調べをし、叱責して言った。

 「お前が撃ち殺したのは誰だか分かっているのか。三人の子の父親なのだぞ!」

 ジョージが言った。

 「じゃあ、次からは一人者を寄越せよ。」


7.アンナの夫の死因(2013-07-19)

 夫を亡くして悲しみに沈んでいるアンナに、知り合いの夫人が尋ねた。

 「旦那さん、何が原因で亡くなられたの?」

 「彼の服に穴が空いていたのが原因なの。」とアンナが言った。

 「えっ?うちの旦那の服なんか、いっぱい穴が空いてるけど、何も問題ないわよ。」

 「そういうのとは違うの。彼は潜水夫なの!」



8.節約(20113-07-18)

 学校が終わって帰ってきた息子が興奮して言った。

 「パパ、お金が節約できるよ。」

 父親は分けがわからず尋ねた。

 「何の金が?」

 息子が答えて言った。

 「来年、教科書を買うお金だよ。ぼく留年が決まったから。」



9.給料(2013-07-14)

 王さん「わたしが給料をもらったとき、まず、どうするかわかるかい?」 

 張さん「奥さんに渡すんでしょう?」

 王さん「違うね、銀行に貯金するんだ。」 

 張さん「それでこそ男だ。」

 王さん「それから、奥さんに通帳を渡すんだ。」



10.真実(2013-06-15)

 医者は患者に真実を告げることを決めた。

 「あなたの病気は深刻です。もはや治しようがありません……。どなたかお会いしたい方はいらっしゃいますか。」

 患者は弱弱しく頷いたが、それ以上何も言わなかった。

 「どなたかお会いしたい方がいらっしゃったら、正直におっしゃってください。」

 なかなか答えない患者に医者は辛抱強く尋ねた。 

 患者がやっとで答えた。

 「はい、実は他の医者に会いたいんですが…。」

中国の笑い話「殴られた理由」他、中国の新聞から

「殴られた理由」(2013-08-11)

 警察署で、殴られてけがをした人に警察官が質問していた。

 「あんた、殴った相手の人相が言えるか?」

 「もちろん!」

 けがをした人が答えた。

 「何しろ、相手の人相を言ったから殴られたんだ。」


「暇がない」(2013-08-13)

 夫「お前、門の前で誰かと何時間も話してたけど、いったい誰と話してたんだい?」

 妻「隣の張さんよ。」

 夫「どうして中に入るように言わなかったんだい?」

 妻「彼女は時間がないって言ってたわ!」


「アンデルセンの帽子」(2013-08-14)

 アンデルセンは質素な服を着て倹約に努めていた。ある日、彼が古い帽子を頭に載せて出かけた時、ある人が彼に尋ねた。

 「あんたの頭の上に載っているものは何だい?帽子って言えるかい?」

 アンデルセンは言い返した。

 「あなたの帽子の下にあるものは何ですか?頭と言えるものですか?」


「落ち葉」(2013-08-16)

 妻「もし私たちの結婚が平等なら、落ち葉の片付けは半分やってくれるわよね。」

 夫「落ちてる落ち葉はお前のだ。おれのはまだ木の上に残ってる分だ。」


「どっち道難しい」(2013-08-17)

 理事長が一人の社員の座席にやってきて、彼の机の上の積み上げられた書類を見て、わざと大きな声で言った。

 「君のイデオロギーが、この机の上のように、ぐちゃぐちゃでないことを期待してるよ。」

 この様子は同じ事務室の人みんなにもはっきりと聞こえた。言われた社員は一生懸命片付けて、理事長が次の見廻りにやって来る前に書類を全部片付け、机の上もすっかりきれいにした。

 理事長は事務所に再びやって来て、めちゃくちゃだった机がすっからかんになっているのを見て、言った。

 「君の頭の中が、この机の上のように、空っぽでないことを期待しているよ。」


「笑う必要なんてない」(2014-08-18)

 社長は会社の工員たちを前に、気分よく笑い話をしていた。ほとんどの社員が腹を抱えて笑っていた中で、隅の方にいた一人の少女だけは笑わなかった。

 社長は彼女をじっとみつめて言った。

 「私の笑い話が面白くないのか?」

 少女は肩をすぼめて言った。

 「笑う必要がないわ。だって、わたし、明日休みだから。」


ウィルの奥さんの証明」(2013-08-19)

 ある日、ウィルの奥さんは、奇妙なことに、一人の乞食を家まで連れてきて歓待した。

 そして言った。

 「あなた、私をお嫁にしてくれる?」

 乞食は身に余るもてなしに驚き、喜んで言った。

 「もちろん!願ってもないことです。」

 「それはよかった。私の夫が帰ったら、彼にそう言ってくださるかしら?」

 「えっ、結婚しているんですか?」

 「ええ、そうよ。彼は癇癪を起こすと、いつも、私のことを『お前は乞食でさえ要らないっていう女なんだ!』って言って罵るの。だから、今日は彼の間違いを証明して見せるつもりよ。」

                                以上、中国語の新聞『半月文摘』(2013年8月1日付)から

僕のお婆ちゃん(原作:毛丹青「我的祖母」)

 僕のお婆ちゃん  原文:毛丹青「我的祖母」

 僕のお婆ちゃんは仏教徒だが、これまで念仏を唱えるのを一度も聞いたことがない。

 ある日、お婆ちゃんは炒め物を教えてくれた。タマネギを取り出し、切らせた。僕は一気にタマネギを切り、顔中涙でびっしょりになった。お婆ちゃんは笑って、「まあまあかわいそうなこと!いい方法を教えてあげるわ。こうやって切れば問題ないわ。」と言った。
 
 お婆ちゃんはそう言いながら、切ったタマネギを僕の額に貼り付け、「動かないで!何をする時もまず慣れることよ。」と言った。そこで、しばらく我慢していると、目が熱くなくなり、果たして涙も流れなくなった。お婆ちゃんはすごい。ひょっとしたら魔法に通じているんじゃないかと思った。
 
 それから、またある年のこと、僕はお婆ちゃんにとても驚かされた。その日、お婆ちゃんは服をいっぱい洗っていて、僕に服をベランダに持っていくように言った。僕が一枚一枚ハンガーに掛けていたら、こんな時に限ってお天道様にはあいにく恵まれることなく、空が曇ってきて、パラパラと雨が降ってきた。なんとか服をハンガーに掛け終わったが、こんな時、雨が降るなって、本当についていないと思った。この時、お婆ちゃんが顔をあげて、空を眺めてから小さい声で言った。「毛ちゃん、心配ないよ。この雨はこっちには来ないよ。もうすぐ風に吹かれて向こう岸にいっちゃうから。」
 
 確かに目の前にはひとすじの川があって、何層にも重なる黒い雲に覆われていた。お婆ちゃんは小声で何かの念仏を唱えているようで、顔つきは光を放っていた。「雨よ雨!おまえはさっさと風に吹かれて川を越すのだ」と唱えていたのではなかったか?もちろん、これは僕の憶測だったが、お婆ちゃんがぶつぶつと唱えている間に、あえて中断させる勇気がなかったのだ。まもなく念仏が終わった。そしてこの瞬間、雨が止んだのだ。
 
 お婆ちゃんは空を見て、僕を見て、笑った。ことのほかまぶしい笑顔だった。  《毛丹青「我的祖母」》

夏の月夜

 今晩は満月なのだが、月は雲に隠れて見えない。夏の月夜というと、子どものころのことを思い出す。

 十一歳の夏のことだった。ある日の深夜2時ごろ、本を読んでいて、ふと、外を見ると、異様に明るい。何事かと思って、道路に面する南側の窓を開けて、空を見上げると、真ん丸な月が出ている。月夜がこんなに明るいものなんだと初めて気づかされた。さらに、月に見とれていると、突然、隣の家の方角から、びちゃびちゃと音が耳に入ってきた。隣の家と接する小窓を開けてみると、隣家の庭で、若い奥さんが盥(たらい/大盆)で行水(ぎょうずい/洗澡)していた。こちらに気付いた奥さんは笑顔で、私の名前を呼んだ。私は顔を赤らめ、「ああ、おばさん!こんばんは!」とつぶやいた。同時に私はその裸身に見とれてしまった。
 
 当時はまだ行水という習慣が残っていた。盥というのは1mから2mぐらいの小さなプールのようなものだ。その盥に水を張って、暑い日、中で体を冷やすという習慣だ。最近では、盥と呼んではいないかもしれないが、ビニール製の小さなプールとでも言うのだろうか、それに、赤ちゃんなどを入れて、体を洗ってあげたりする。行水の習慣はそんな形で残っている。
さて、当時の隣家の奥さんは三十歳ぐらいだったろうか、彼女にとっては、十一歳のわたしに裸を見られたことなど、大した出来事でもなかっただろうが、私にとっては不思議な夜の出来事として、いつまでもその瞬間の気持ちが消えずに残っている。
 
 満月の夜、何かが起こる、そんなことを感じさせた一夜だった。

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3031位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
255位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。