スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落語「六尺棒」

 夜遅く酔って帰ってきた大店の若旦那、幸太郎。家に入ろうと戸を叩くが、使用人を先に寝かせて一人で待っていた父親が戸を開けてくれない。

 「戸をたたくのはどなたでございましょう?」

 「わたしです。幸太郎です。開けてください」

 「幸太郎という息子はおりますが、店をめちゃくちゃにする、どうしようもない道楽者でヤクザ者でございます。家に置いておけませんので、勘当しようと思っているところでございます」

 幸太郎が「二度と道楽はしない」と詫びても、相手にしてもらえない。

 「入れてもらえないのなら、この場で死にます」

 この手はもう父親には通じない。そこで、幸太郎は、父親を責めて言った。

 「道楽者だとかやくざ者というが、そのやくざ者を育てたのはどこの誰だ!」

 「いい加減にしろ!倅(せがれ)らしいことを一度でもしたことがあるのか。馬鹿野郎!」

 どうしても入りたい息子とどうしても入れたくない父親との口げんかが戸を挟んで続いた。

 幸太郎は最後の手段に訴えた。

 「それなら、家に火をつけるぞ!」

 これを聞いて、とうとう頭に血が上った父親は息子をぶん殴ろうと思って、六尺棒を持って外へ飛び出した。

 「待て!」

 しかし、追いかけても、息子のほうが足が速い。とうとう見失い息を切らしていると、隠れていた息子がその隙にさっと家に入って、戸を閉めてしまった。

 父親があきらめて戻ってくると、戸が閉まっている。誰か店の者が戸を閉めたのだろうと思い、戸を叩いた。

 すると、中からと幸太郎の声がする。

 「戸を叩くのはどなたでございましょう?」

 「お前の親父だ」

 「わたしの親父はおりますが、店をめちゃくちゃにする、どうしようもない道楽者でヤクザ者でございます。家に置いておけませんので、勘当しようと思っているところでございます」

 「親を勘当する奴があるか?」

 再び戸をはさんで親子喧嘩が続いた。

 幸太郎、「世間並みの父親らしいことをしたことがあるのか?馬鹿野郎!」

 父親、「俺のまねばかりしやがって、それなら六尺棒を持って出てこい!」


[注]六尺棒(ろくしゃくぼう):樫の木などで作った長さ6尺の棒。防犯・警備・護身用などに用いた。
スポンサーサイト

中国の笑い話「三つの不要」

 新しく任官された役人。彼は官職を失うことも恐れず、ただ一生懸命庶民のために良い行いをしようとする、自称「清廉な役人」。

 彼は任官すると、すぐ、執務室に標語を貼り付けた。

   不要銭(金を求めず)

   不要官(官職を求めず)

   不要命(命を惜しまず)

 それから、数日後、その標語の下には、誰かによって二文字ずつ書き加えられていた。

   不要銭 嫌少(金を求めず、ただし、少ない金は求めない) 

   不要官 嫌小(官を欲しがらず、ただし、小さな官職は欲しがらない)

   不要命 嫌老(命を惜しまず、ただし、年老いるのはいやだ)

                                      《中国の笑話集、丁聪氏の“古代中国幽默”から》

落語「皿屋敷」

 昔、金持ちで意地の悪い主人がいて、その屋敷にお菊という女中が働いていた。お菊はかなりの美女だったので、主人の男はすぐにのぼせてしまった。

 主人はお菊に惚れたことを打ち明け、生涯そばで働いてほしいと言い寄ったが、お菊の返事は「私には構わないでほしい」という冷たいものだった。

 主人はひどく怒り、女が、それもこんなにいい女が自分を袖にするということが、どうしても納得できない。意趣返しをしないではいられなかった。

 そこで、主人は、十枚一組で、値段もつけられないような家宝の皿を取り出し、手入れするようお菊に命じた。そして、もしも一枚でも割ったら、手討ち(主人自ら斬り殺すこと)にすると言いつけておいた。

 お菊は十分に気を付けて、皿の手入れにかかったが、お菊がちょっと目を離した隙に、主人は皿を一枚抜き取り、隠してしまった。それから主人はお菊に向かって、皿を全部見せろと言った。お菊は皿を一枚ずつ並べ、「一枚、二枚、三枚、四枚……」と数えていった。

 だが、九枚目まで数えたところで、十枚目が見つからない。主人は、お菊が皿を盗んだと言って責め、刀を持ちだした。お菊は泣きながら、盗んでないことを主張したが、主人は聞き入れようとはせず、お菊を斬り殺し、死骸を井戸に投げ捨ててしまったのだった。

 次の日の晩、主人が床に就こうとした時、どこからともなく物悲しく、背筋がぞっとするような声が聞こえてきた。「一枚、二枚…」

 「何者だ」

 震え上がった主人は、起き上り叫んだ。

 「三枚、四枚…」

 声は続いた。主人は障子をあけて外を見たが、誰もいない。

 「五枚、六枚…」

 主人は庭に走り出た。

 「七枚、八枚…」

 主人はいつの間にか井戸のそばにきていた。そして井戸から黒いものが現れてくるのが目に入った。よく見ると人の髪だ。ぎょっとして飛び退ると、井戸の中から一人の女が現れた。

 「九枚…」

 「お菊!」主人は悲鳴を上げた。

 翌朝、下男が井戸のそばに、冷たくなった主人を見つけたのだった。


 それ以来、お菊の幽霊は毎晩、井戸から現れて皿を「一枚、二枚」と数えるのだった。そして九枚まで数えるのを聞いた者は、その場で死んでしまうという噂が広まった。

 ひと月もたたないうちに、お菊は国中で大評判になった。お菊が井戸からゆっくりと出てきて皿を数えるのを見に、大勢の見物人が遠くからやってきた。「一枚、二枚、三枚」と恨めしそうな声を聞いて、人々は押し合いへし合いしながらじっとお菊を見つめる。そして、「七枚」まで来ると、誰かが「逃げろ!」と叫ぶ。見物人は庭からどっと逃げ出すのだ。「九枚」まで聞いたら、死ぬといわれているからだ。

 お菊人気はどんどん盛り上がり、そのうち、あまりに大勢になったので、屋敷の外に入場券売り場までできたとか。庭に入るためには数か月前から予約を取らなければならない。露店もできて、「お菊人形」をはじめ、「お菊饅頭」、お菊湯呑と急須のセット、さらに「お菊を見たが生きてるぞ」と書かれた扇子まで売り出される始末だった。

 お菊を歌った民謡、お菊を詠んだ和歌、お菊の芝居もできた。よその町では、お菊の二番煎じで新しい地元の幽霊を作り上げたりした。お菊ブームはどこまでも続きそうだった。お菊記念館までできて、皿が展示された。若い娘の中にはお菊に憧れて、お菊ファッションに身を固めた。中には、お菊のようになりたくて、井戸に身を投げる娘まで表れた。

 だが、お菊はそう言う流行には全く関係なく毎晩決まって井戸から現れ、その様子は最初のころと寸分違わぬ風情であった。しかし、中にはマンネリ化していて、かつてのような、ぞくぞくとするものが感じられないという者が出てきた。

 そうして、ある晩のこと。妙なことが起きた。いつものようにお菊が現れ、みんなが拍手喝さいをした。皿の勘定が始まり、「一枚、二枚…ハックション!」

 「大丈夫かい?お菊さん」 見物人が尋ねた。

 「ちょいと風を引いてしまいまして。」 お菊は鼻をぬぐい、「たいしたことはございません。三枚、四枚…ハックション!」

 そして、「七枚」まで来ると、人々はわっと叫び、庭から逃げ出そうとする。だが、いつもより込んでいて、みんな門の所でつかえてしまい、門から出られない。

 「八枚」

 人々は出ようとして必死でもがいた。「みんな死んじゃう!」とある女が悲鳴を上げた。

 「九枚」

 群衆は凍り付いた。

 「十枚、十一枚、十二枚」

 「いったいどうなっちゃったんだい?」

 「ひどい風邪をひいてしまいましたので、明日はお休みさせていただきます。それで、前もって十八枚数えておこうと思いまして…」

散歩中見かけたお寺の掲示板から

散歩中見かけたお寺の掲示板から

「我をはるな 心ころころ 丸くなれ」

「なんでもいいじゃないですか その道のいちばんになれば」

「花も 鳥も 山も 自然なものは みな美しい 飾らなくてもいい ありのままの 私でいこう」

「気分ひとつで大違い もう半分と まだ半分」

「人の心が良きときには この世は仏に見え、悪しきときには 地獄に見える」

「あなたとの出会いは 生きてゆくごほうび」

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3031位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
255位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。