スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の笑い話「鶏泥棒」等

中国笑話

1.鶏泥棒


 鶏泥棒が教会に入った。

 神父が尋ねた。

 「近頃どうですか?まだ鶏泥棒をやっていますか?」

 「いいえ、鶏は盗んでいません。」

 「本当に鶏を盗んでいないのですか?」

 「はい、天に誓って、一羽も盗んでいません。」

 神父は喜んで言った。
 
 「いいことです。あなたは一歩神に近づきましたね!」

 泥棒は手に汗を握りながら、心中思った。

 「よかった。最近鶏泥棒を鴨泥棒に変えたんだ。もう少しで、神から遠ざかるところだったよ。」


2.よくも私をだましたわね

 「わたし、妊娠しちゃったの!1000元貸してくれないかしら?」

 わたしは仲のいい女友達に電話で言った。すると友達の答えはこうだ。

 「ごめんなさい!私のうちでは全部旦那が金を握っているのよ。わたしの給料もわたしには自由にできないのよ。」

 わたしは受話器を置いたその手で、隣に寝ている男にビンタを食らわした。

 「お金は持ってないって?よくも私をだましたわね。あんたの奥さんが言ってたよ。家の金は、彼女の給料も含めて全部あんたが握ってるって。」


3.小学5年生のレベル

 今日、小学校3年生の息子が学校から帰ったきて、ひどく喜んでいる。

 聞けば、先生が息子の作文をほめて、小学校5年生のレベルだと言ったそうだ。

 これは本当にうれしいことだ。

 わたしはにっこり笑ってから、ベランダへ行き、深々とタバコを吸いこんで、それから、その作文を広げて見た。

 その瞬間、息子の作文を持った手ががたがたと震えた。

 何と、その作文は、私が何回も手直ししてやった作文なのだ。

 それが小学5年のレベルだというのだ!


4.愚かなアイデア

 男が家でシャワーを浴びた後、パンツだけを穿いて、テレビの前に座り、ドラマを見ながら胡桃を食べていた。家には胡桃割りの道具がなかったので、歯で割って食べていた。

 ところが、一つどうしても割れない胡桃があった。他の胡桃とぶつけても割れず、最後までその一つが残った。その一つを何とかして割りたいと思った時、突然アイデアが浮かんだ。ドアを使って割ろうと考えたのだ。

 そこで、ドアを開け、外に出て、胡桃をドアにくっつけ、ドアを思い切り閉めた。その結果、クルミは全部粉々になったのだが、ドアのカギを部屋の中に置いたまま、ドアは閉まってしまった。そして、男はパンツひとつでドアの外に立ってどうにもできなくなってしまった。


5.仕事のことしか頭にない夫

 私の夫は店をやっていて、朝から晩まで仕事のことばかり考えている。わたしのことなんかほったらかしだ。それで、昨日、わたしは夫に言った。

 「あなたは毎日朝から晩まで仕事のことばかり考えているわね。実を言うと、私、他に好きな人ができたのよ。」

 すると、夫が驚いて言った。

 「そうかい、じゃあ、ぼくの店の会員カードを作るよう、彼に言ってくれないか?」


6.どうしてそんなに我慢できるの?

 今日、友達がぼくにどうしたら一か月以内に5キロ痩せられるかを聞いてきた。

 ぼくは丁寧に説明してやった。

 「まず、健康を保つと同時に、昼ごはんは脂っこいものや辛いものをやめて、さっぱりして簡単な食べ物に変えること。夕ごはんは、暴飲暴食をやめて、リンゴ一個にすること。雨の日以外は、車ではなくてジョギングで通勤すること。週末はネットバーにも行かず、おいしいものも食べず、カラオケにも行かず、一日、バスケットをして汗をかくこと。一番好きな飲み物をやめて、温水を飲むこと・・・。」

 ここまで言うと、友達が尊敬のまなざしで、ぼくを見つめ、さらに、何を支えに、そこまで我慢できるのかと聞いてきた。

 ぼくは惜しむことなく教えてあげた。

 「それは貧乏だよ。」
スポンサーサイト

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
283位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。