スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな出来事 訳:xufang 原作:魯迅

 私が田舎から北京へ出て来て、瞬く間に六年が過ぎた。その間いわゆる国家の大事も見聞きしたが、それらは数えてみれば、少なくない。それなのに、私の心の中には、どれも痕跡を残していない。もし、私がこれらの大事から影響を探し出すとしたら、それは私の癇癪をいっそうひどくさせたというだけだ。もっと素直に言えば、日増しに人を馬鹿にするようになっただけというのが正直なところだ。ところが、ひとつの小さな事件があって、それこそが、反対に有意義であり、私を癇癪から引き離してくれた。そして、今に至るまで、私はその小さな事件を忘れることができない。

 それは民国六年の冬の日のこと、北風が実にひどく吹き荒れていた。わたしは生計ために、どうしても朝早く出ていかなければならなかった。路上では、ほとんど人を見かけなかった。ようやく一台の人力車をつかまえて、「S門まで」と伝えた。ほどなく、北風は弱くなった。路上の埃はすっかり掃き清められて、道はきれいになっていた。もう少しでS門に着くという時、突然、人力車の梶棒に誰かが引っかかって、ゆっくりと倒れた。

 倒れたのは一人の老女だった。白髪まじりの、ぼろぼろの服を着た老女だった。そいつは歩道から突然車の前を横切ろうとしてきたのだった。車夫がすでに道を空けて避けた後だったが、そいつは破れた袖のない服のホックを止めていなかったので、微風にあおられて、服が開き、それが梶棒にかぶさってしまったのだった。幸い車夫がすばやく車を止めたので、よかったが、さもなければ、女は仰向けにひっくり返って血を流していたところだった。

 女は地面に伏せたままで、車夫もそのまま突っ立っていた。わたしは、老女が怪我をして要るとは思えなかったし、また誰も見ていなかったのだから、「さっさと行ってしまえばいいのに!」と思ったが、車夫は突っ立ってどうしようかと考えている様子だ。この車夫はよけいなことをして、自分から災難を引き寄せる奴だと思った。それに、私にとっても大迷惑だ。

 そこで私は車夫に言った。

 「大したことないよ。行ってくれ!」

 車夫は私の言ったことが理解できなかったのか、あるいは、聞こえなかったのか、何と、梶棒を置いて、老女をゆっくりと助け起こし、腕を支えて、立ち上がらせ、彼女に言った。

 「どうしたね?」

 「怪我をしたんだ」

 私は思った。

 「お前がゆっくりと倒れるのを私はこの目で見たぞ!怪我などするものか、わざとらしくしているだけだ。本当に憎い奴だ。車夫もよけいなことをするものだ!これも自業自得だ。勝手にするがいい。」

 車夫は老婆の話を聞いて、少しも躊躇せず、老婆の体を支えたまま、そのまま一歩一歩歩いていった。私は不思議に思って、前方を見ると、そこにあるのは交番だった。大風の後で、外には誰も立っていなかった。車夫は老婆を助けながら、交番の入り口に向かっていたのだった。

 この時、私は突然ある種の異様な感覚に襲われた。彼の誇りだらけの後姿が急に大きく見えて、そして、彼が遠ざかれば遠ざかるほど大きくなって、仰ぎ見なければならないくらいになった。しかも彼は私をほとんど威圧するようになって、私の皮衣の下の隠している「小さな自分」を、今にも絞り出しそうに思われた。

 この時私の活力は凍りついたようになって、身動きができなかった。何も考えられなかった。駐在所から一人の巡査が出てきた時、やっとで、私は車から下りることができた。

 巡査は私に近づいてきて言った。

 「他の車を雇ってください。彼はもう車を引けません。」

 私は、ふとコートの内ポケットから、銅貨を取り出し、巡査に手渡して言った。

 「これを彼に!」

 風は止んでいた。道はまだずいぶんと静かだった。私は歩きながら、考えた。ただ、自分のことを考えるのが恐ろしかった。以前のことはともかく、あの銅貨を渡したのはどういう意味があったのだろうか?褒美?私に車夫を裁くことができるのだろうか?答えられなかった。

 この出来事は、これまでも時々思い出す。そのたびに私は苦痛に耐えなければならなかった。自分のことに考えが至ると、努力しなければならなかった。数年来蓄えた文武両道も、幼いころ読んだ『子曰く』や『詩に云う』のようなものも思い出せなかった。ただ、この小さな出来事だけが私の心にあって、いつも、私の目の前に浮かび上がってくる。時には以前にも増して、はっきりと思い出され、私にいっそう恥ずかしい思いをさせる。そして、私を生まれ変わるように促し、同時に、勇気と希望を与えてくれるのだ。
スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
283位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。