スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼い頃 訳:誠生 原題:童年 作詞:庄奴曲:周高俊

 池のそばのガジュマルで、蝉の声が夏を呼んでる
 草むらの上のブランコに、蝶々だけがとまってる
 黒板では、先生のチョークがコツコツギーギー懸命に音を立ててる
 休み時間を、放課後を待って、遊びに行った幼いころ
 
 学校の傍の店には何でもあるけど、ポケットには一円もない
 諸葛四郎と魔鬼党、あの宝剣を奪い取ったのは誰?
 隣のクラスのあの子が、まだ窓辺を通らないのは何故?
 口にはおやつ、手には漫画、心には初恋の幼いころ
 
 いつも寝る前に宿題やってないのに気付いた
 いつもテスト終わってから勉強しなかったのに気付いた
 時は金なり、時は金で買えないと先生が言ってた
 一日また一日、一年また一年ぼんやりすごした幼いころ
 
 誰も知らない、なぜ太陽は山の向こうに沈んでくの?
 誰も教えてくれない、山奥には仙人が住んでるの?
 長い間、ボウッと空を見つめながら
 なんでも好奇心から妄想してた、さびしい幼いころ
 
 陽だまりの下、稲穂の上を蜻蛉が飛んでるよ
 クレヨンも万華鏡も空にかかるあの虹は描ききれないよ
 いつ先輩たちのような大人になるの?
 休みを待って、明日を信じて、大人になりたいと思った幼いころ
 
 一日また一日、一年また一年、大人になりたいと思った幼いころ
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3031位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
255位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。