スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後ろ姿(原作:朱自清「背影」)

私は父と二年あまり会っていない。父のことで、最も忘れられないのは彼の後ろ姿だ。その冬、祖母が亡くなり、父が退職した。まさに、泣きっ面に蜂の状態だった。わたしは北京から徐州へ向かい、父とともに喪に駆けつける途中、徐州に到着した。父と会った後、庭一杯に散らかったものを見ると、祖母のことを思い出し、はらはらとこぼれ落ちる涙を禁じえなかった。父が言った。「こうなったからには、泣いても仕方ないんだ。窮すれば通ずというじゃないか。」

 父は、家のいろいろな物を抵当にして金を借り、借金をすっかり返した後で、また、借金をして葬式をした。この何日かの間、家の情況は惨憺たるものだったが、半分は葬式のためであり、半分は父が無職だったためだ。葬式が終わって、父が南京へ仕事を探しに行くと言った。私も北京へ勉強に戻らなければならなかったので、私たちは途中まで同行することになった。

 南京に着いた時、遊びに行こうという友達がいて、一日滞在することになった。次の日、午前中、長江を渡って、浦口へ行き、午後には、列車で北京へ行かなければならなかった。父は忙しいので、私を送らないという。その代わり、よく知っている、旅館の使用人を私につけるつもりで、何度も使用人に細かい指示を出していた。しかし、彼はボーイが頼りないと思ったようで、なかなか安心できないでいた ― 実は、わたしはすでに二十歳になっていて、北京に二、三度往復していたのだから、何ら難しいことはなかった。― 父は、しばらくためらった末に、やはり自分もわたしを送っていくと決めた。私は父に何度も来る必要はないと言ったが、彼はただひと言、「かまわないよ、彼らにはまかせられないからね。」と言った。

 わたしたちは川を渡って、駅に入った。わたしが切符を買っている間、父は荷物を見張っていた。荷物はとても多かったので、ポーターにチップを払って、持ってもらう必要があったが、父はいつものように、彼らと値段交渉を始めた。そのころのわたしは、自分のことを賢いと思っていたので、父の話し方が田舎くさいと思うと、ちょっとひと言、口を出さなければならないと感じたのだが、父は、とうとう一人で値段交渉を成立させた。そして、彼は私を汽車の中まで送り、車窓の近くの椅子を選んでくれた。わたしは、その座席に、父が作ってくれた赤紫の毛皮のコートを広げた。その時、父はわたしにくどくどと言ってきた。「くれぐれも気をつけろ」、「夜は用心しろ」、「風邪を引くな」
 父はまた、旅館の使用人に、しっかりと、わたしの世話をするように頼んでいた。わたしは心の中で、彼のくどくどしさをひそかに笑っていた。金しか見えない彼らに頼んでも無駄なことだ。しかも、わたしは子供じゃない。まさかわたしがまだ自分で自分のことができないとでもいうのだろうか。そんなことはない、わたしは今でも思っている、あの時のわたしはずっと普通以上に賢かったのだと。

 「お父さん、帰ってもいいよ。」わたしはそう言ったが、彼は車両の外をちょっと見て言った。「ちょっと蜜柑を買ってくるから、おまえはどこへも行かず、ここで待っていなさい。」反対側のホームを見ると、柵の外に、客待ちの店がいくつかある。そこへ行くには、線路を渡るしかない。ホームに飛び降りたり、よじ登ったりしなければならない。太った父には、かなりやっかいなことだ。わたしが行くべきだったが、彼が承知しないので、しかたがなかった。黒い布の小さな帽子をかぶり、黒い布のシャツを着て、群青色の綿入れの上着を着た父は、線路のほうによろよろと近づき、線路の上に身を乗り出した。ここまではまだ難しくない。しかし、線路を渡って、向こうのホームに登るのはそう簡単じゃない。彼は線路を渡り、ホームに両手を掛け、両足を上に引き上げ、丸々と太った身体を左に傾けて、一生懸命よじ登ろうとしている。その父の後ろ姿をじっと見ていたわたしだったが、見ているうちに、知らず、涙が零れ落ちてきた。あわてて涙を拭った。父にも他の誰にも見られたくなかったのだ。再び外を見た時、彼はすでに赤々としたみかんを抱えて戻ろうとしていた。線路を渡るとき、彼は蜜柑を下に置いて、線路に下り、再び蜜柑を手に抱えて、こちらへ向かった歩き出した。ホームの下に着いた時、わたしは急いで、父を引き上げに行った。彼はわたしといっしょに列車の中にもどり、わたしのコートの上に蜜柑を全部広げた。そうして、彼はすっかり落ち着いたらしく、衣服の土を払い、しばらくしてから言った。「じゃあ、おれは帰るぞ。向こうへ着いたら、手紙をくれ。」わたしは出て行く父を見送った。父は少し歩いてから、振り返って、わたしに言った。「中には誰もいないから、戻りなさい。」わたしは、父の後ろ姿が往来の人ごみに紛れ、見えなくなってから、列車の中に戻り、自分の席に腰を下ろした。すると、また涙が出て溢れ出て来た。

 この数年間、父と私は東奔西走している。家の中の様子は日に日にひどくなる。彼は若いときから外で生計を立て、ひとりでがんばりながら、大きな仕事も数多くこなしてきた。それが、これほど、しなびた老後を過ごすことになろうとは、思いも寄らなかっただろう。目に触れるもの皆悲しみを誘い、感情は抑えがたくなる。内部にある鬱々とした感情が、自然と外部に対して爆発する。たとえば、家庭内の些細なことが往々にして彼の怒りに触れるのだ。彼のわたしへの対応も以前と違ってきた。そして、最近の二年間、わたしと会わない間に、彼はとうとうわたしの欠点を忘れてしまったらしく、ただ、わたしとわたしの息子のことを気に掛けるようになった。わたしが北へ来てから、彼は手紙を書いてきた。父からの手紙には、父の近況が書いてあった。
 「わたしは元気だ。ただ腕がひどく痛むので、箸を上げたり、筆を取ったりするようなことが不便になった。あの世へ行く日もそう遠くないだろう。」
 そこまで読んだ時、わたしは、また、キラキラ光る涙の中で、青い綿入れと黒いシャツを着て、でっぷり太った父の後ろ姿を、またも見ていた。ああ、いつまた父に会えることだろうか!(終わり)

スポンサーサイト

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3031位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
255位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。