スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸惑い

翻訳「戸惑い」 原作:呉岡「惑」


 「王婆さん、願い通り、初めてのお孫さんが女の子でよかったですね。」

 「王姉さん、おめでとうございます」

 王婆さんの長男の嫁に女の子が生まれたのを知って、隣近所の人が皆お祝いを言いに来た。王婆さんは満面に笑みを浮かべて「どうもありがとうございます」と繰り返しお礼を言った。

 他の人は家を継がせるために男の孫が生まれることを望んでいるが、彼女は違っていた。彼女には三人の息子がいる。ただ、娘がいないことをいちばん残念に思っていたのだ。他の家へ行って、その家の娘さんやお母さんと親しくするたびに、複雑な気持ちになった。ああ、一生、娘ができる見込みはないなと。彼女は、気持ちを切り替えて、三人の嫁が女の子を産むことを望み、そのことを嫁たちに言ったことがある。そして、とうとう天が望みを叶えてくれたのだ。初めて生まれた孫が、望みどおり女の子だったのだから、彼女が喜ばないはずはなかった。小さな孫娘の丸々と太った小さくて可愛い顔を見ながら、王婆さんは蜜を食べているような心持ちになった。ミルクをやったり、水をやったり、おむつを換えたり、孫に嫌な思いをさせないようにと、それだに気を配った。家の人も皆、この「小さなお姫様」の到来を喜んでいた。

 瞬く間に一年が過ぎて、二番目の息子の嫁が妊娠し、子供を産んだ。またしても女の子だった。王婆さんは、「私には二人の孫娘ができたんだ」と声に出して喜んだ。しかし、二番目の嫁は夫に向かって「名家の王家が絶えてしまうかもしれない、でも、やっぱりうれしいわ」としきりに言った。中国では一人っ子政策のため、同一夫婦の間で、二人目の子を持つのは難しい。家を絶やさないためには、残った三番目の嫁に期待するほかなかった。

 王婆さんは、その後の、二日間家を出ようとしなかった。隣近所の人たちがお祝いを言いに来ることしたら、留守にできなかったからだ。しかし、何日か過ぎても、門をくぐる者は誰もいなかった。王婆さんが出かけて、顔を合わせると、人々はやっとのことで口を開いて、「王おばあさん、お子さんもみなさんもお元気ですか?」と言う。「お嫁さん、お子さん、みなさん、平安で何よりです。」そう言ってから、あわただしく離れて行く。王婆さんは心の中で不思議に思い、こうしたことを、二番目の息子に話したら、息子は、しばらく黙りこんでからこう言った。「みんな忙しいんだよ。誰か暇があったら、お母さんとおしゃべりもできるだろうからね。」
 
 そして、さらに二年が過ぎた。三番目の嫁が妊娠し、子供を産んだ。今度もやはり女の子だった。王婆さんは、願いがどこまでも叶うので、うれしくてたまらなかった。彼女は、この喜びをすぐにでも隣近所やおばあさんたちに知らせたかったが、残念なことに、人々は彼女をかなり遠いところから見つけると、すぐ逃げるように家の中に入ってしまうのだ。逃げおおせない時は、不自然な笑顔を浮かべて、「おばあさん、あのう、お元気ですか。時間があったら、また話しましょう、わたしは急いで子供を迎えに行かなきゃならないんで」という。

 「おばあさん、心をゆったりして…さあ、ただちょっとおしゃべりしただけだよ。おじいさんが早く酒を飲みたがっているのよ。私は行くわ。」

 これまで、一つ家のように親しくして、隠し事もしなかった隣近所の人たちがまるで知らない人のようになった。王婆さんはこの何日かずっと一人で椅子に座って、ボウッとしている。彼女はこの不可解なことに苦慮していた。「いったい何が起こったのだろうか」と。
スポンサーサイト

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3031位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
255位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。