火事

友人の家が火事になった。彼は119番に電話した。
友達「私の家が燃えてるよ。」
119「火事はどこですか?」
友達「私の家だ!」
119「具体的にお願いします!」
友達「私の家の台所だ」
119「あなたのいる場所を聞いているんです。」
友達「私は今、机の下に隠れてる。」
119「わたしたちはどうやってあなたの家へ行けばいいんですか。」
友達「あんたたちは消防車を持っていないのかね?」
119「だめだこりゃ!あんた焼け死んじゃうよ!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
338位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ