中国の笑い話「殴られた理由」他、中国の新聞から

「殴られた理由」(2013-08-11)

 警察署で、殴られてけがをした人に警察官が質問していた。

 「あんた、殴った相手の人相が言えるか?」

 「もちろん!」

 けがをした人が答えた。

 「何しろ、相手の人相を言ったから殴られたんだ。」


「暇がない」(2013-08-13)

 夫「お前、門の前で誰かと何時間も話してたけど、いったい誰と話してたんだい?」

 妻「隣の張さんよ。」

 夫「どうして中に入るように言わなかったんだい?」

 妻「彼女は時間がないって言ってたわ!」


「アンデルセンの帽子」(2013-08-14)

 アンデルセンは質素な服を着て倹約に努めていた。ある日、彼が古い帽子を頭に載せて出かけた時、ある人が彼に尋ねた。

 「あんたの頭の上に載っているものは何だい?帽子って言えるかい?」

 アンデルセンは言い返した。

 「あなたの帽子の下にあるものは何ですか?頭と言えるものですか?」


「落ち葉」(2013-08-16)

 妻「もし私たちの結婚が平等なら、落ち葉の片付けは半分やってくれるわよね。」

 夫「落ちてる落ち葉はお前のだ。おれのはまだ木の上に残ってる分だ。」


「どっち道難しい」(2013-08-17)

 理事長が一人の社員の座席にやってきて、彼の机の上の積み上げられた書類を見て、わざと大きな声で言った。

 「君のイデオロギーが、この机の上のように、ぐちゃぐちゃでないことを期待してるよ。」

 この様子は同じ事務室の人みんなにもはっきりと聞こえた。言われた社員は一生懸命片付けて、理事長が次の見廻りにやって来る前に書類を全部片付け、机の上もすっかりきれいにした。

 理事長は事務所に再びやって来て、めちゃくちゃだった机がすっからかんになっているのを見て、言った。

 「君の頭の中が、この机の上のように、空っぽでないことを期待しているよ。」


「笑う必要なんてない」(2014-08-18)

 社長は会社の工員たちを前に、気分よく笑い話をしていた。ほとんどの社員が腹を抱えて笑っていた中で、隅の方にいた一人の少女だけは笑わなかった。

 社長は彼女をじっとみつめて言った。

 「私の笑い話が面白くないのか?」

 少女は肩をすぼめて言った。

 「笑う必要がないわ。だって、わたし、明日休みだから。」


ウィルの奥さんの証明」(2013-08-19)

 ある日、ウィルの奥さんは、奇妙なことに、一人の乞食を家まで連れてきて歓待した。

 そして言った。

 「あなた、私をお嫁にしてくれる?」

 乞食は身に余るもてなしに驚き、喜んで言った。

 「もちろん!願ってもないことです。」

 「それはよかった。私の夫が帰ったら、彼にそう言ってくださるかしら?」

 「えっ、結婚しているんですか?」

 「ええ、そうよ。彼は癇癪を起こすと、いつも、私のことを『お前は乞食でさえ要らないっていう女なんだ!』って言って罵るの。だから、今日は彼の間違いを証明して見せるつもりよ。」

                                以上、中国語の新聞『半月文摘』(2013年8月1日付)から
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
338位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ