デート

 「おじさん、ぼく、ここに座ってもいい?」 

 恥ずかしそうな声が私に尋ねて来た。なんと、ベンチの傍らに、まん丸で、小さな頭が突然現れたのだ。何と愛嬌があって、可愛いことか!わたしはこんなに行儀の良い子を見たことがなかった。特に男の子では。

 「これは公園の椅子だよ。私の家の椅子じゃないんだから、誰でも座っていいんだ。君が座れないわけがないじゃないか」私は頭を子供の方に傾けて、親しげな笑顔を浮かべて言った。

 「あの、あの、おじさんはデートするの?」

 デート?五六歳のこどもがどうしてこんなことを言えるのか?私は読みかけの本を椅子の上に置いて、顔を近づけた。「君はデートってどんなものかわかってるのかい?」「えーと、えーと、待ってるんだよね。お姉さんを!」

 私は笑った。彼は間違っていない。私はこの時ガールフレンドを待っていたのだ。私は、仮山の後ろにあるこの辺鄙な場所をわざわざ探しだしたのだが、どうして、こんな小さな子供に私がデートをしようとしているとわかるのだろうか。そうだ、きっと映画やテレビに、こんな場面がたくさん出てきて、それが子供に影響を与えているのだ。だから子供がこんなに早熟なんだ。

 「じゃ、ど~ぞ、こちらに、おすわりくださ~い。」私は根っからの子ども好きだ。わざと声を長く伸ばし、からかうような調子で誘った。彼はニコニコしながら、お尻を上に引き上げ、椅子の上にずり上げた。

 「ビリッ」と音がして、ズボンが破れ、穴ができた。そこから彼の白くて柔らかい小さなお尻が見えた。この穴は新しくできた穴ではなく、針と糸で縫い合わせた所がまた敗れたのだ。ママの怠慢によるものだ。

 「おいで!おじさんの膝の上に座って!椅子の上は冷たいからね。」

 私は子供を抱き上げた。その子のおしりの冷たさが、私の腿にだんだんと伝わってきた。私の心は何故か急に跳ね上がるようになって、顔が少し熱くなった。私も父親になれるかもしれない。

 「君はここで、何をしてるの?君のうちの人は?」

 「ぼくのパパは仮山でポーカーをやってる。ぼくはここへ来て…」

 「ここへ来て何をしてたの?」

 「デ…デート」

 私は目を大きく見開いて言った。「誰とデートなの?」

 「うん…その、ママだよ」

 私はさらに驚いて言った。「君のママがここへ来るように言ったのかい?」

 「先週の日曜日、ママは言ったんだ…今日、ここで、僕に…ズボンをくれるって。」彼はズボンの穴をほじくって言った。「パパは…知らないんだ。パパは…僕をママと会わせてくれないんだ」

 「君のパパとママはいっしょじゃないの?」

 「ママは…行っちゃったんだ。僕を置いて。」彼の小さな口が震えて、目には涙が溢れでて、彼を抱いている私の手の上に落ちた。冷たい冷たい、そしてひどく湿っていた。

 私はいう言葉を失い、ただ彼を強く抱きしめて、体温で温めてあげた。

 秋風が通り過ぎ、落ち葉がひとひら舞っていた。

 (原作:育葵「約会」)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
338位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ