年末年始

 目が覚めると、時計の針は6時を指していた。外は暗い。夕べのことを思い出す。夕方6時ごろまでの記憶はあるが、それ以降の記憶はない。12時間寝たのだろうか。ただ、体中がだるくて布団を出る気にならない。しばらく布団の中でぐずぐずしていたら、外はますます暗くなっていく。
 
 何日前のことかよくわからないが、クラブの先輩に言われて、遊園地のバイトに行くことになった。その遊園地は年末29日から正月1日までオールナイトで営業していて、夜6時から朝9時まで切符切りのバイトをしてくれというのだ。親からのしおくりも残り少なかったので、やむなく引き受けた。

 29日は、夕方5時ごろまで寝てから出かけた。6時少し前に着き、簡単なレクチャーを受けた。印象に残ったのは笑顔を絶対に忘れるなということだった。楽しげな家族連れが目の前を通り過ぎるのを少し妬ましく思いながら、顔だけの笑顔で迎える。特に難しいことはない。ただ、単調すぎて、飽き飽きする。それでも、笑顔を絶やさない。深夜になって、客足が鈍ると、2つのゲートのうち、一つを閉鎖し、切符売りと3人、交代で1人が休む。そうしながら、朝を迎える。朝7時ごろにはまた客足が伸びる。あと少し頑張れば帰れる。
 
 30日の朝9時バイト終了!アルバイト代をもらって、狭い4畳半の下宿に帰る。さあ、寝ようとした時、先輩が4人やってきた。5人のうち、1人が休憩しながら、徹夜麻雀をしようというのだ。およそ5時間に1度休める。それでも、寝不足でへまが多い。5時にぼくは友人を呼んで交代する。それから、二日目のバイトに出かける。この夜は客が多かった。休みがなかなか取れなかった。

 大みそかの朝、かなり疲れてバイトから戻ったら、先輩たちが「お帰り」と言って迎えてくれる。それはそれでうれしい。友人と交代して、また麻雀を始める。どうも頭が回らないながらも5時までがんばって、また、他の友人を呼び、交代。三日目のバイトに出かける。これが最後だ。夜、眠気とたたかいながら、必死で笑顔を作る。そして1月1日の朝6時過ぎ、休憩する前に初日の出を拝む。これはこれでけっこういい。

 そして、9時最後のバイトが終わった。四畳半に戻ると、先輩たちはまだいた。「お帰り、さあ、やろう」という。「先輩、もう眠くてたまんない」と言っても、許してくれない。何度もうとうとしながら、「お前の番だぞ」と言われて牌を握る。しかし日が落ちはじめるころ、とうとう、目を開けないぼくをそのままにして、先輩たちはようやく帰ってくれた。意識朦朧としながら腕時計を見ると6時だった。それから、記憶がない。

                            (了)
スポンサーサイト

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
282位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ