不運な男

 いつも昼からの仕事だが、木曜日だけは9時からの仕事だ。前日なかなか寝付かれず、結局、8時近くに目が覚めた。まだ間に合うと思いながら、急いで着替えて、バス停に走って行ったら、ちょうど目の前で、乗るはずのバスが時間通りに出て行った。いつも遅れてくるくせにと思いながら、次のバスを待っていたら、今度は遅れてきた。結局駅に着いて、電車もぎりぎりだ。走って階段を上り、ホームに出たが、案の定、正確に目の前で出て行った。次の電車は遅れてきた。結局10分ほど遅れて会社のある駅に着いた。仕事も10分遅刻してしまった。

 帰る時、大雨になっていた。朝、慌てて出たため傘を持ってきていなかった。近くのコンビニまで走っていって、500円の傘を買った。駅に行った時は、寝不足もあり、疲れてベンチにボウッと座っていた。電車が来て乗った。ドアが閉まった瞬間、さっきまで座っていた椅子に傘を置き忘れたことに気が付いた。家に電話し、母に駅まで傘を持ってきてもらうことにした。最寄り駅に着いて傘を受け取ったものの、一日の疲れがどっと出た。

 翌日は昼からの仕事だった。、電車に乗る前にホームの売店で200円のジュースと100円のボールペンを買って、お金を払おうとしたら、乗るつもりの電車が来た。急いでカードで払った。値段を見てびっくり、512円!ボールペンは100円だと思っていたけど、300円するのかと思いながら、レシートを受け取って電車に飛び乗った。乗ってから、レシートを見て驚いた。買ってもない216円もするお茶も加わっていたのだ。

 仕事の帰り、会社のある駅で、駅員に傘の忘れ物はなかったか、聞いてみた。すると、全部持ってきてくれたが、なかった。誰かが新品だと思って使ってるんだ。情けない。最寄り駅に戻って、ホームの売店に立ち寄り、レシートを見せて、買ってないものが入ってたんですがと言うと、「ああ、わかりました。お客さんですね、昼担当の人から聞いています」と言って、216円を返してくれた。小さな金額だが、少し救われた気分だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
338位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ