スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西行の死

西行物語 一生の回顧

 西行法師は静かに昔を回顧した。
 25歳の時、北面の武士をしていたが、戦乱の世にあって、数多くの死に接し、果てには親友が死に、その葬儀の夜、無常を痛切に感じて、出家したいという思いを断ち切れず、家へ帰ると、止める娘を蹴り、妻子家庭を捨てて出家した。
 それから、仏前に向かって髻(もとどり)を切り、俗世を出て、深山の奥の庵を尋ねて、八つの功徳を持つ水によって心を澄まし、九品浄土に思いをかけたのだった。その後、煩悩を振り払いつつ諸国を行脚し、山林にこもり、仏道修行を続け、
五十数年の時を過ごして来た。「懺悔し六根清浄の道に達するためには、三十一文字の歌を口ずさむ。これこそ悪心を去って仏道を達成させる道だ」と観念して、東山のほとりにある双林寺の傍らに、庵を結んで、窓外の月明りを友とし、仏の名を称えてきた。

 さて、西行は、その住居である御堂の近くに桜の木が植えられてあったので、同じことならこの花が盛りの時、しかも釈迦入滅の二月十五日の朝に往生をしたいと願って、次のように歌を詠んだ。

 ねがはくは花のもとにて春死なん そのきさらぎのもち月のころ

 そうして、この歌のとおり、1190年の2月15日(新暦3月31日)、往生を念じ、西方に向かって、「若人散乱心、乃至以一花、供養於画像、漸見無数佛、於此命終即 往安楽世界、阿弥陀佛、大菩薩、衆囲御繞住処」と経を唱えた。

 ほとけには櫻の花を奉つれ 我が後の世を人とぶらはば

 と歌を詠み、止むことない念仏の中、空には伎楽の音かすかに響き、香の匂いが漂い、念仏行者を迎える紫の雲がはるか上空にたなびいて、阿弥陀仏が来迎したようで、仏に従う菩薩たちの歓喜の儀式が進み、あらゆる人びとの耳目を驚かせて、ついに西行は満開の桜の下、如月の望月のころに往生の願いを遂げたのであった。

                                                                 《西行物語》
西行物語 一生の回顧

 静かに昔を思へば、生年廿五の歳、仙洞の北面を出でて、妻子珍宝をふりすてて、仏前に向かひて髻を切りつるに、火宅を出でて深山の奥の庵を尋ねて、心を八切徳水にすまし、思ひを九品の浄刹にかけき。後には諸国を頭陀し山林斗藪の行を立て、平等一子の思ひに住して、衆生の機に従ひて、教化を与へき。常に慈悲の袂の上には、歓喜の涙を拭ひ、忍辱の衣の裏には、無価の真実の玉を包みき。かくて五十余年を馳せ過ぐし、「若人、一日一夜を経るに、八億四千万の思ひあり。しかれども、懺悔六根浄のためには、三十一字の言の葉を口ずさむ。これ悪心をやめて佛道を成ずる媒なり」と観じて、東山のほとり双林寺のかたはらに、庵を結びて、感念の窓の前には、三明の月の光りを友とし、称名の床のほとりには、聖衆の御迎へを待ちて、あかしくらしけり。御堂の右に桜を植ゑられたりけるに、おなじくは此花ざかり、釈迦入涅槃の日二月十五日の朝、往生を思ひてかくなん、

 ねがはくは花のもとにて春死なん
  そのきさらぎのもち月のころ

 すでに此歌のごとく建久九年二月十五日、正念ただしくして、西方にむかひ

て、若人散乱心、乃至以一花、供養於画像、漸見無数佛、於此命終即 往安

楽世界、阿弥陀佛、大菩薩、衆囲御繞住処ととなへて、

 ほとけには櫻の花を奉つれ
  我が後の世を人とぶらはば

 とながめて、千返念佛やむことなく、空には伎楽の音ほのかに、異香遠く薫じ、紫雲はるかにたなびきて、三尊来迎のよそほひ、聖衆歓喜の儀式、万民耳目を驚かし、往生の素懐を遂げにけり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
306位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。