衝突

中学生の時、雨の日、自転車で帰宅していた。猛スピードで自転車を走らせていて、路上駐車している自動車に衝突した。自転車は大破、ぼくも少し怪我をしたようだった。呆然としていたら、建物から人が出てきて、自動車の後部を調べている。僕を見て「バカ野郎、前を見て走れ」とどなった。壊れた自転車を引いて家へ帰った。

高校生の時、クラブも勉強もうまくいかず、悲しみのまま帰宅しようと学校の門を出て信号を渡っていたら、急ブレーキの音がして、僕ははねられた。「車の窓が開き、「バカ野郎、ちゃんと信号を見て渡れ」そうどなって走り去った。それからゆっくり歩いてバスで帰宅。

大学生の時、彼女と別れ、失意のまま、帰る時、駅のホームを歩いていて、柱にぶつかった。眼鏡が割れて、顔中生ぬるいものがながれていた。トイレに駆け込み、鏡を見たら、顔中血だらけだった。トイレットペーパーで血を拭き、顔を洗って、家へ帰った。

今でも顔に傷が残っている。心の傷も消えない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
282位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ