スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県知事がこどもをしつける

 昔、李という人に進宝という一人息子がいた。李さんは、進宝が七歳のとき、家庭教師をつけて、勉強させた。息子はとても聡明だったが、まじめに勉強しなかった。彼は先生を嫌っていて、いつも先生を怒らせていた。

 ある日、授業のとき、進宝は「井」という字を書き、その字の真ん中に点を打って、先生に聞いた。「先生、この字はどう読みますか。」

 先生はちょっと見たが、知っている漢字ではなかったので、答えられなかった。進宝は笑いながら言った。

 「先生、井戸の中に石ころ一つ投げ入れたら、どんな音がしますか?『ドンとかポン』じゃありませんか?あなたは六十数年生きてきて、こんな簡単な字も読めないんですか。それで、どうして僕に教えられるんですか?」

 こう言われた老先生はひどく気分を害した。それで、荷物をまとめて家へ帰ることにした。

 帰途、老先生は悩んだ。ずいぶん多くの本を読んできたのに、今日は子供に聞かれて字が読めなかったことで、腹が立つと同時に情けなく思えた。それで、道端に座り込んで泣き出してしまった。

 ちょうどそこへ、県知事が通りかかり、老先生にどうしたのかと尋ねた。老先生は事情を一通り説明した。県知事は聞いてからしばらく考えて言った。

 「すぐに進宝という子供を連れてきなさい。わたしが彼に漢字一字の読み方を聞いてみましょう。」

 しばらくして、進宝が県知事のもとにやってきた。県知事は彼に言った。

 「おまえはずいぶん賢くて、知っている漢字がたくさんあるそうだね。今から私が漢字の読み方を聞いてみるが、もし読めなかったら、おまえを竹の板で打つぞ。」 

 言い終わると、人に竹の板を準備させた。それから県知事は「肉」という漢字一字を書いて、その上に「竹」という字を書き加え、進宝に読むように言った。進宝はちょっと見たが、知っている漢字ではなかったので、やはり答えられなかった。県知事は怒っていった。

 「引き連れて竹の板で打て!」

 進宝は一度打たれてから、県知事の前に連れ戻された。県知事は笑いながら言った。

 「まだわからないのか?この字は上に『竹』があり、下に『肉』がある。さっき、竹の棒でおまえの肉を打ったが、どんな音がしたか言ってみろ!『パン!』ではなかったか?」

 進宝はここで、ようやく自分の過ちに気がついたということだった。

                                               『中国笑話・謎語50選』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
283位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。