愛欲と出家

 仏教の世界には、面白い人がたくさんいる。昔、禅海和尚という人がいたそうだが、この人は江戸で人殺しをして、地方へ逃げ、現在の大分県まで来たとき、断崖絶壁の難所を鎖で渡る人たちを見た。中に、時折、死ぬ人がいるのを知って、罪滅ぼししようとしたのだろうか、安全な道を作ろうと思い立った。それから、掘削資金を托鉢で集めながら、石工たちを雇い、自分もいっしょに、ノミと槌だけで、30年の歳月をかけ、長さ数百メートルの洞門、今で言うトンネルを掘り抜いたという。今から250年ほど前の話だと思うとすごい。この話は、菊池寛が、「恩讐の彼方に」という小説に書いて久しいので、知っている人も多いだろうが、犯罪者が改心して、宗教の道で成功するという話は、どこか宗教CMのようなものが感じられて、一概には信じがたい。
 海外にも似たような話がある。今から二千年ほど前の話だ。場所はインドである。竜樹という才能豊かな若者がいた。誰よりも早く学問の道を究めた彼は、学問に少し飽きたようで、「これからは快楽を追及しよう」と考えた。そこで、仲間と三人で、「カクレミノ」という薬を作った。
これはどんな薬かというと、作り方は、ヤドリギという、落葉広葉樹に寄生するという珍しい木を集めてきて、みな10センチほどの長さに切り、日陰に300日ほど干しておいたのを使って作るという。出来上がったこの薬を頭に擦り付けると、薬が効いて、塗った当人の姿を隠して見えなくしてしまうという。竜樹は術を使う仙人から習い覚えたらしい。

続きを読む»

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

見世物

    見世物

 昔、盛り場へ行くと、必ずといっていいほど、娯楽場があった。と言っても、遊園地とか温泉地に行けば、今でも、けっこうあると思う。まあ、娯楽場っていう言い方をすると、古い感じがするが、要するに、鉄砲撃って、ぬいぐるみなんかに当てて、落ちたら、そいつがもらえるなんていうやつとかお化け屋敷とか・・・。そういえば、余談だけど、去年、中国で、祭りでもないのに、街角でそいつをやってた。ぼくは、一緒にいた女の子にあげたくて、がんばった。ぬいぐるみを二つほど手に入れたっけ。
昔の娯楽場にはもうひとつ、必ずといっていいほど、あったのが見世物小屋だそうだ。ものの本に書いてるのを見ると、へんてこなのばかりやってたとか。
 そうそう、志ん生の話によれば、その見世物小屋には必ず呼び込みって言うのがいて、そいつが、小屋の前に立って、いろいろ言い立てて、客を引き寄せる。
  「さあ、ごらんなさい、この中に安置たてまつるは征夷大将軍源頼朝公のシャレコウベ近く寄ってごらんなさい」という口上があった。
 中へ入って見ると、確かにシャレコウベ、シャレコウベっていうのは、頭蓋骨のことだけど、それがある。あるにはあるが、ちょっと小さい。言い伝えによれば、頼朝の頭はでかかったとか。川柳に、「拝領の頭巾梶原縫い縮め」とかいうのがあって、つまり、梶原源太が源頼朝から頭巾を頂いたがそいつが大きすぎたので縫って縮めたとか。もうひとつ、つまり、いただいた頭巾が大きすぎたということで、やっぱり、頼朝の頭は大きいのだというわけだ。だけど、目の前のシャレコウベは小さい。というわけで、
  「おい、頼朝公の頭は大きかったそうだが、このシャレコウベ、やけに小さいんじゃないか」
  「これはご幼少のころので」
 こういういいかげんなのがあったそうだ。もっとひどいのになると、鬼娘というのがある。
 「さあ、ごらんなさい、世にも珍しい本当の化け物はこれだ。物心付いた頃から、生き物を取って食べるようになってが、とうとう、隣のうちの赤ん坊を食ってしまった。それを見た母親は頭に血が上ってあの世にいってしまった。父親は頭丸めて出家してしまった。その父親から預かった私が今日まで育ててきたわけだ。さあ、この鬼娘が日に一度は赤ん坊を食らうんだが、そろそろ、その刻限が近づいたよ。さあ、見ていらっしゃい。さあ、いらっしゃい。」
 こんな口上があって、そんな馬鹿なことがと思っても、そこは好奇心がみんな強いもんだから、ちょっと見てみようかと中へ入ってみると、正面に舞台があって、その真ん中に鬼娘が胡坐かいて座ってる。頭には角が生えてて、口は耳元まで裂けて、鋭い八重歯が除いて見える。見るからに鬼の娘だ。で、その鬼娘の周りには何の動物だかわからぬが、生き物の骨や皮のようなのがいっぱい散らかってる。この鬼娘が食ったあとだってことだろう。だんだん客がたまってきて、そろそろいいころあいを見計らって、小屋の小僧が赤ん坊を抱いて出てくる。鬼娘の前にその赤ん坊を置いていく。鬼娘は、そいつを両手でつかんで、独り言を言う。
 「こんだけ食ったあとだけど・・・」
 みんなシーンとする。
 「おいおい、早く食わねえか」とか言う客がいそうなものだが、性善説とかいうのが、あるくらいだから、言いたいけどなかなか言わないでいる。そこへ、だれかが言う。
 「よせよせ。腹いっぱいなら後にしろ」
 こいつは桜とかいう奴だ。桜というのは、咲くと、みんな、花見に出かける。人が集まってくると、散ってしまう。だから、人が集まると、いなくなる客寄せのことで、こういう見世物小屋には必ずいるらしい。他の客の中からも、いっしょに「そうだ、そうだ、寄せ寄せ」と声が出る。「ええ、食わないつもりなのか」って残念がる奴もいるとは思うが、勢いというものは恐ろしい。次第に「あとにしろ」って声が大きくなる。すると、鬼娘が赤ん坊を手から離して、
 「そんなに言うなら、後にしよう」
 こういうと、さっきの小僧がまた出てきて、赤ん坊をさっさと片付けて、下手に消えていくという寸法だ。

続きを読む»

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

プロフィール

xufang

Author:xufang
すべてが終わった時、すべてが始まる。

掌編小説
掌編小説
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
338位
アクセスランキングを見る>>
FC2掲示板
検索フォーム
枕中記アクセス
なかなか伸びないカウンター
カテゴリ